電子・物理工学専攻 / 物理工学域 紹介

物理工学域は、理学的な発見思考と工学的な発明技術を有機的に結びつけた先端的な学問領域の開拓を目指しています。研究分野は大別するとナノテクノロジー・機能デバイス・精密計測に分けられます。ナノテクノロジーは本学系の中核的な基本技術で、半導体・機能光学素子・磁気 デバイス等の創製や評価に利用されています。精密計測はナノスケールの精度をもつSTMやAFM、X線顕微鏡などを駆使して、固体・有機物・生体の構造解析・状態分析に利用しています。本学系の計測法の特長のひとつとして、測定対象を壊さず・痛めない「非侵襲診断法」があります。これはレーザーを初めとする電磁波による計測、陽子線や電子・陽電子、イオン、X線などの比較的エネルギーの高いビームによる計測、磁気共鳴を利用した方法などがあります。研究体制は、個性を尊重しつつも有機的な共同研究を促進しています。物理工学域に関係している大学院としては、数理物質科学研究科の電子・物理工学専攻、ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻があります。関連する応用理工学類の主専攻として応用物理主専攻と電子・量子工学主専攻があります。本域の教員は、大半が学類・大学院教育に携わっています。研究は主に個別 の実験室で行っていますが、センターを研究の中心の場としている教員も多数います。積極的に研究室を訪問し、新しい息吹を感じ取って下さい。