開設科目

シラバス

大学院数理物質科学研究科 電子・物理工学専攻 シラバス

電子・物理工学専攻での開設科目(前期・後期課程)

電子・物理工学専攻では、変化の速い工学専門分野の知識を多年にわたって理解し続けることができる事を前期課程での教育 目標の一つとしています。このために基礎科目を設定し、高いレベルの基礎学力を基に専門分野の学習が可能になるように授業科目を開設しています。

また専門科目は分野に比較的共通な科目を選択して開設し、極度に専門性の高い分野は各研究室でのゼミにゆだね、それらに 他研究室の学生も参加できるように配慮しています。

専攻での開設科目の種類

必修科目 (前期・後期課程)

  • 電子・物理工学特別研究IA,IB,IIA,IIB(前期課程),IIIA,IIIB,IVA,IVB,VA,VB(後期課程)
  • 数理物質科学コロキュウム(前期課程:1単位)

基礎科目 (前期課程)

前期課程においては専攻全般にわたり基礎となる科目について、学部 レベルの復習から始めて高度な専門を扱う基盤となる科目を基礎科目として6教科設定して います。 前期修了のためには6単位を必要としていますが、基礎科目から3科目(9単位)程度履修することを勧めます。6単位を超えた分は選択科目として修了要件と して加えることができます。

  • 量子力学A,B(各1.5単位)
  • 統計力学A,B(各1.5単位)
  • 電磁気学A,B(各1.5単位)
  • 固体物理学A,B(各1.5単位)
  • 生物医工学I,II(各1単位)
  • ナノ物性A,B(各1.5単位)

専門科目 (前期課程)

  • 最先端表面計測科学(2単位)
  • 光工学 I, II(各1単位)
  • 物質分光分析(2単位)
  • 磁気機能工学(2単位)
  • デバイスシミュレーション序論・実習(1単位)
  • 電子状態計算入門(1単位)
  • 放射光応用概論(1単位)
  • 物理計測工学I,II(2単位,1単位)
  • デバイス工学I,II(各1単位)
  • 量子物理工学(1単位)
  • Nanomateial Engeneering I, II(各1単位)
  • ワイドギャップ半導体特論(1単位)
  • パワーエレクトロニクス概論I,II(各1単位)
  • 次世代パワー半導体特論(1単位)
  • パワー半導体の基礎と応用(1単位)
  • パワー半導体プロセス(1単位)
  • 電気電磁回路論(1単位)
  • 電力変換回路概論(1単位)
  • 応用システム特論(1単位)
  • 光エレクトロニクス(1単位)
  • 基礎表面科学(1.5単位)
  • イオンビーム・プラズマ特論(1単位)
  • 最先端ナノ物性・ナノ工学特論(1.5単位)
  • ナノ加工・計測序論(1単位)
  • ナノ加工・計測のファンドリー実習(1単位)

特別講義

専門分野における最前線の話題や異分野の紹介など非定期に開講される講義です。詳細が決まり次第、掲示されま す。

  • 電子・物理工学特別講義I
  • 電子・物理工学特別講義II
  • 電子・物理工学特別講義III
  • 電子・物理工学特別講義IV
  • 電子・物理工学特別講義V
  • 先端計測・分析特別講義
  • ナノエレサマー・スクール
  • ナノテクノロジー特別講義
  • ナノグリーン特別講義

インターンシップ

企業や研究機関において研究・開発の実務を体験することにより、将来のキャリア・パス形成に役立てる体験型科目です。 実施形態や研修内容について担当教員の事前の確認・指導と事後の報告(レポート)・認定を必要とします。 所定の申請用紙により事前に学務委員に申請して下さい。2週間(10日間)で1単位を基準とします。

申請用紙のダウンロード InternshipBK.doc (16kB)

実施報告書用紙のダウンロード InternshipRepBK.doc (14kB)

  • 電子・物理工学インターンシップI
  • 電子・物理工学インターンシップII

物質・材料工学コース(前期課程)

必修科目

  • 数理物質科学コロキュウム(前期課程:1単位)
  • 光・電子ナノ材料工学セミナーA,B
  • 光・電子ナノ材料工学特別研究IA,IB,IIA,IIB

専門科目

  • 回折:X線と電子顕微鏡I
  • 回折:X線と電子顕微鏡II
  • ナノ材料工学特論I